お忙しい中、その貴重な時間を割き、当Web・Logにお越し頂いたことに感謝の意を評するとともに今後の発展にご協力いただければ幸いです。


by LinkCanyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

起業と企業

 皆様、こんにちは。

 よく、起業という言葉を聞いたりすることがあると思います。皆様は既に企業に属している方がほとんどだと思いますので、起業とは何か企業を起すのはどういう方法があるのかという事を一つご紹介いたしましょう。

 まず、企業というのは株主(株式会社)により成り立っています。株式会社は自分の事業に共感をしてくれたり、将来性などを見込んで出資してくれる人の事を指します。

 次に自己資本が挙げられます。自分で稼いだお金を出資して企業を作ることです。

 最後に銀行からの出資です。こちらは若年者やキャリアの少ない人に貸してはくれません。つまり、一番難しいところです。逆に将来性が高い事業などであれば各銀行のベンチャー支援部門と言うところがあり、そこの審査を通った場合によりある程度の出資を得ることは可能です。

 このようにして企業というものは成り立っています。恐らくほとんどの場合、駆け出し時は自己資本とう手口が明かでしょう。


 今回はここで終わるりません。この中で一番お金を手に入れるのが辛いのは銀行と分かりました。そして一番楽(手っ取り早くはありません。それなりの時間を要します)なのが自己資本。

 一生、痛いのが株主なのです。銀行は借り入れてから利子をつけて返済すれば無借金経営となります。よく、求人などに自社は無借金経営ですとPRしている企業がありますが、イコールで良いとは限りません。かの有名な大企業もIRを見ると借り入れはとても巨額です。

 では何故、株主が一番経営するに当たって痛いのであろうか。それは企業を経営し続ける限り、永遠に出資者には配当を渡さなければならないからです。つまり終わりがありません。もちろん、後から株を買い戻せば良いですが、上場していた場合には上場する以前の株より値上がっていたりして買い戻すのが困難です。市場価格より高値なら売るという個人株主や企業も現れます。

 これで株の動きが経営をも左右するのが分かると思います。最初から手を打っておかないと非常に危険な位置になってしまいます。
[PR]
by LinkCanyon | 2007-11-19 13:03 | Business Management