お忙しい中、その貴重な時間を割き、当Web・Logにお越し頂いたことに感謝の意を評するとともに今後の発展にご協力いただければ幸いです。


by LinkCanyon
カレンダー

<   2006年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

入院ってなんでしょうか

 


    申し訳ございません。不手際により入院で、しばらく復活は無理そうです。

    何とか工夫して、インターネットに接続できるように心がけたいと考えております。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-30 22:34 | Diary

経歴という名の

 こんばんは。

 本日の日記は日常生活から得られる情報を伝達するべく、筆を取ろうと思いましたが、少し話しを変えて、私自身を知っていただくために、左記にあるカテゴリ上の一番上にあるものを読んでいただきたいと思います。

 実は「最初にお読みください」を読んでいらっしゃらない方もいるのではないかと思い、今回は取り挙げてみました。

 それにしても、いよいよ夏がやってくるということで蚊の季節が到来ですね。私は夏という経過の中で一番に蚊が嫌いな要因として挙げられます。蚊が存在しなければ夏は大好きです。ただし日焼けはしたくないのです。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-27 20:44 | Diary

私の大きさはいかに

 こんばんは。

 本日の日記は日常日記となっております。

 最近は、妙にPCのタイプ速度が遅くなり、そしてミスが多くなりました。そこでPCのボードを変えようかと考えているのですが、如何せんノート型のため、変更不可能な状態となっています。

 話しが若干ズレますが、次世代型のPCにはキーボードを赤外線で表示できるようにするそうです。既に某有名企業がPDA用に開発し、成功に至るまでの経緯を説明しています。

 消費者の手に渡るのも時間の問題というところでしょうが。肝心のお値段を調べたところコスト計算をして、原価が5000円ほどになるようです。そこに人件費や様々な部分をプラスして販売すると、恐らく15000円程度に納まるのではないでしょうか。

 しかし、PDAの場合で計算したので、PCの場合だと30000円は堅いでしょうね。

 私は3万出しても購入したいくらいです。現在ではノートながらスペース確保に必死でしょうがない状態です。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-26 20:04 | Diary

辞する

 こんばんは。

 本日の日記は日常とかけ離れた日記を書き綴ります。

 よく、日本人が海外へ旅行へ訪れると世界観が変わったと言います。それは中東や欧州を含めて様々な国を共通して変わると言われています。私は日本の中でも変化を加えることは十分可能であると考えています。

 都会の騒がしい人ごみから離れて、離島へ旅に出たり、沖縄の離島へでも出かければ、それはアマゾンの如くという場所もあるでしょう。しかし、一概にそれだけでは世界観は変わりません。実は建物などの文化をしることにより、日本人は世界観が分かったと言っているのです。

 イタリアなど、日本人が知っている有名な国では、テレビの中でだけ知っているという様に、実際とのギャップも多少はあるでしょう。それが、変化を強調させているものと思われます。

 日本人はセカセカ働きすぎて、ドイツ人と比べると働いている年間の量が大きく違います。以前、国がGDPの高まりを受けて、年間労働時間を2000時間以内と定めましたが、それも今や疑い深いでしょう。

 ドイツ人のように昼飯を食べるため、自宅に帰宅し、昼寝もできるくらいの余裕があってもいいとは思いますが、それは国と企業の相互協力で実現可能なのでしょう。今から対策を打ったところで、何十年後には可能性が見い出せると言うのであるならば、それは実行したほうがよろしいのではないでしょうか。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-25 20:27 | Diary

代理店の辛さ

 こんにちは。

 本日のカテゴリはマネージメントに関して論じます。

 近年、様々な保険というビジネスモデルを確立する企業が不正に支払いを拒絶し、金融庁から改善の命令や業務停止命令を受けています。それぞれの代理店は上に立つ企業の命を受けて、業務を行っているため、上が業務停止を受けると受託している企業は一切の活動を停止させられます。

 その際に停止を言い渡された企業は活動停止に伴い、対策を迫られます。一番の痛手を被るのは代理店です。上が活動停止になれば、下も活動停止になります。代理店は従業員を抱えているため上に何かしらの処理をしていただかなければなりません。

 しかし、下はといえば上が不正を働いたのに、下が制裁を同時に受けるという状況です。

 今回の某企業が犯した犯罪的行為は関連企業にも迷惑をかけていることになります。それに対して下の企業には金銭的な面での援助は行わないなど、代理店としては「上が犯罪を犯して、下にも影響が出ているのに、何も下には援助を行わない」という文句が出ます。

 これは死活問題として扱えると言えるでしょう。

 ブランドがいくらある関連企業でも結局は親の失敗で被害を被るのです。大きければ良いとう時代は淘汰されるべきだと今回の一件で社会人は気がつくべきですね。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-24 13:24 | Business Management

フォーリン・ラブ・

 こんばんは。

 Fallin Loveです。アドバイスいただきたいです。

 少し若者気取りな文を書きました。

 でも実は本気です。

 何だか理解不能の文です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 人生はどこで何が起こるか分からない。それは不幸のどん底にいる時に、何かすばらしい出会いがあって、天国まで上り詰めることを可能とする。逆を言えば、天国から地獄へ落ちるのも、また一瞬の出来事のように訪れる。

 人はそれを誤魔化さずに、どう受け止めるかによって結果も異なる。

 行動あるのみの世の中だが、経験がなければ動けない。そういう時は動き方を知っている人に聞けば良い。聞き方は簡単である。インターネットという無限大の情報を共有するツールがあれば、大まかなことは可能となる。


 長く述べたが、アドバイスをいただきたい。

 Fallin Love。

 私には似合わないですね。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-23 19:43 | Diary
 こんばんは。

 本日は音楽に関しての日記となります。

 これからは夏という季節がやってきて様々な音楽フェスティバルが始まります。邦楽同士が共同で開催したり、洋楽だけのフェスティバルもあります。また、混合で行われるフェスティバルもあり、音楽に狂う人がヘッドバンキングにより、病院へ行く人も増加するでしょう。

 フェスティバルには毎年の様に救急の場所が設置されており、気分が悪くなった人は誰もが利用可能となっています。暑さで倒れこむ人や、足の疲労により駆け込む人もいます。

 そのようなイベントを開催する人達はとてもすばらしい仕事をしています。お客様が知らない舞台裏は表側よりも激闘を広げ、トラブルなどを回避しようと必死になっています。全てはお客様に楽しんで記憶に残してもらうためです。

 この世の中には人の知らないところで「実は係わり合いがありながらも知らない」事というのが多くあります。それは業界という枠で縛られていない人から見れば当然のように見えます。

 何歳になっても初心を忘れずにいれば、自然と興味が湧き、そして知ることができるという「経験」を多く積んでも謙虚でいれば、死ぬまでに人よりも少し多く世の中を知れるでしょう。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-22 20:03 | Artistic(Music Or..

最近の若者

 こんばんは。

 「最近の若者は」という言葉をよく聞きます。この若者という年代は一律ではありませんが、恐らく10代から20代前半の学生を指し示す言葉でしょう。高校生などは腰パンと呼ばれるズレ落ちた履き方をして、生意気に歩いています。

 しかし、私は「最近の若者は」と言う言葉に疑問を感じています。それは若者だけに限らず、常識や非常識、そして心構えがなっていない人間は大人にも多く存在しています。ただ単に若者は目立つ服装でいるから目につくか、メディアが持ち上げるからが理由だと考えられます。

 
 私は腰パンなどをしていても、それは時期的に良いと思います。彼らには、その時間が大切で何かをしたい気分なのです。しかし、それが大人になった時に切り替えられるかが問題です。

 学生の延長線上で活動されては、社会が受け入れてくれません。学生時には自分が考える道を徹底的に行動として示してかまいません。むしろ、その様にしていないと大人になった時、爆発してしまいます。

 「大人になる前に遊ぶ」それが学生です。遊ぶことにより、コミュニケーション能力を培う方がよほど社会では通用し、生きていける手段となります。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-21 19:43 | common sense

牛肉問題

 こんばんは。

 本日のカテゴリは日常の日記を彩っていきます。

 つい最近まで米国産の牛肉は輸入再開の目処が立たずにいたのですが、この時期になって再開されたようです。米国側の圧力とでも言いましょうか、一般消費者は過敏になっており、購入を渋るのは見え見えです。

 いくら安価な値段で提供しようが、某焼肉店や牛丼屋くらいしか仕入れないでしょう。スーパーなども様子見をすることが考えられますし、初期の段階でどれだけ業者にとってのメリットがあるかは予想がつきません。

 少なくとも私は米国産の牛肉には手を出さず、日本産にも手を出しません。日本産は高い値段のわりに高級ブランドがついていないとおいしくありません。

 前回は輸入再開した直後に骨が見つかり、輸入禁止発令が出ましたが、今回も同じ様な結果にならないかハラハラしています。業界的には迷惑きわまりない状態ですね。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-20 19:47 | Diary

ブログがバグりました。

 こんにちは。

 本日、ブログのアクセスログを確認したところ総合計数以外の数字が全て0になっていました。完全なるバグということで笑ってしまいました。

 ところで今日はいよいよサッカーが運命の試合になりそうです。今から気になるところではありますが、今日の試合に負けましたら、絶対に私はブラジル戦を観戦しないことにしています。なぜなら見ても面白くないのは分かっており、時間の無駄だからです。

 
 話しは変わりまして、梅雨入りになりましたね。この季節はジメジメしており、体がダルイ感じで、それに連動してブログも気合が入っていない状態です。梅雨が終わった後は天候の良好状態が考えられ、肌焼けも気になるので、サングラスを一足先に探索してきました。

 男性物と女性物ではデザインの変化は乏しく、どちらをかけても分からない感じでありますが、唯一の違いとしては大きさくらいです。フィットするのが中々見つけられなく、苦労して結局購入を断念しました。(別に顔が大きいわけではありません)

 また、一つ発見として自分の鼻が若干左に反れていることが判明いたしました。とは言っても見た目では全然分かりませんが、物をかけると気のせいか左にそれています。少しショックな出来事でした。
 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-06-18 13:20 | Diary