お忙しい中、その貴重な時間を割き、当Web・Logにお越し頂いたことに感謝の意を評するとともに今後の発展にご協力いただければ幸いです。


by LinkCanyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

藤井フミヤさん

 こんにちは。

 本日のテーマは音楽です。

 藤井フミヤさんが歌う、下北以上、原宿未満という曲に興味があります。歌詞は感動系のものとは遠く、何を伝えたいのかが分かりませんが、非常に惹かれる曲です。

 もともとは下北サンデーズというドラマの曲でしたが、CD化され、フミヤさんのライブでも歌っています。

 ドラマは視聴率が低く、東京以外の県や地方に住居を構えている方には分かりにくいという内容が原因ではないかと推測できます。しかし、私は脚本と主演の人達がとても素晴らしく、魅力が溢れるドラマであったと思います。

 打ち切り状態で幕は閉じました。魅力が十分に伝わらなかった点は本当に残念でなりません。

 あえて一つだけ言うとしたら、下北沢はゴミゴミした町ではありますが、とても良い町だと思います。私個人としては好きな町であり、ファッションの町だとも思っています。

 ドラマでは変人ばかりが集まっているような雰囲気でしたが、そのようなことはなく、田舎のオシャレさんたちが集う町でもあります。また、音楽の町でもあるため、いたる所にライブハウスなどがあり、一部では薬中毒者がいるという噂もあります。(エクスタシー・マジックマッシュルーム等々)


 最近は、町の開発を進める案が出ており、下北沢周辺住民が反対運動をしているそうな・・。

 
 ダラダラと語った、そんな私も下北沢には人生で3回ほどしか行ったことがありません。
 
 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-09-23 19:56 | Artistic(Music Or..

不法音楽

 こんばんは。

 本日は音楽に関して語ります。

 最近、業界関係者だけではなくとも知る人が多いユーチューブに関してです。

 もちろん、国内外のアーティストによるPVが無料で見放題というのは現時点では違法です。しかし、このツールを他のことで利用し、ビジネスに繋げることを心む人が出始めました。これは非常に良いことです。

 人が法をおかしてまで民へ提供していたツールが次世代の新たなビジネスにつなげようという試みは非常に応援できます。音楽好きの人からしてみれば現在のユーチューブは言語道断のツールかもしれません。

 しかし、このツールを使用して人が幸せになるのであれば、それは満足のいくものではないでしょうか。田舎の年老いた人が、このツールを利用して、世界中へ面白い話題をふったのは、ほほえましいことです。

 一歩間違えればネットワークは危険な物になりますが、有効的な手段として用いるのであれば、これほどに使いがいのあるものはないでしょう。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-09-21 21:17 | Artistic(Music Or..

取引先

 みなさま、こんにちは。

 今回はビジネスに置いて重要な点である「取引先」関してのお話をいたします。

 この世の中には、とても小さな規模の企業がいくつもあります。そのような企業でも大手企業と取引を対等に行い、実績を立てている企業があります。実際のところ大手企業と取引を行うのは何か他社にはできない技術を持っていたり、知識を保持していないとなりません。

 つまり、小さい会社で大手と取引を行っている企業は優良企業の可能性があります。

 しかし、注意しなければならないことが一つあります。それは、「弊社は○○という大手企業と取引があります。そのことから弊社の製品は絶対に安心です」と言う企業があります。

 正直なところ、そのような企業はブラックでしょう。というのも絶対という言葉を使用したり、実績があることを常に口外するような企業は「それで安心」させようという意図があるからです。

 実際のところは問題が起こったりしているものです。また、契約を切られているのに、無理やり取引を行っていた頃のもの(パンフ等々)を掲示している恐れもあります。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-09-14 20:45 | Business Management

都内に癒しの空間

 皆様、こんばんは。

 本日のカテゴリは日常日記となっております。

 都内を歩いていると意外に近距離にあり、足を運ばなそうな場所があります。例えば有名な公園や、東京都区内にある唯一の観光スポット等々、見ればきりがないほどです。しかし、近いのにその存在を知らなかったり、知っていても時間がないため中々訪問できない場所があります。

 今回、私はある場所を訪れました。その場所は特定されないように画きますが、ご存知ある方は足を運ばれたかもしれません。その場所は非常に都内と思えない自然に囲まれた場所です。

 川や滝があり、緑豊かな道が只管に続いております。小鳥の囀りや川の音、そして滝の流れる音が神秘の世界を画いています。若い恋人同士が手を繋ぎ、老夫婦は一眼のカメラを手にしながら、景色を撮影しています。

 スラットした若い女性モデルの方が浴衣を着て、周囲には何人ものスタッフが撮影をしています。恐らく雑誌か何かの特集で撮影にきていると思います。

 木々の間から差し込む光が川を照らし、まるで都区内とは考えられない状態です。

 驚くべきことは隣に道路があり、その近くを高速が通っていることです。そんなことは微塵にも感じさせない、その空間はやはり恐るべきものを感じます。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-09-11 20:02 | Diary

企業はゴールから手段へ

 みなさん、こんにちは。

 本日はライフセレクションからお送りいたします。

 皆様は、現在どのような企業で働いていらっしゃるのでしょうか。もしくは、どのような企業で将来、働きたいと考えているのでしょうか。人には様々な考えがあります。それを否定するわけではないですが、今回は若干シフトしている世間へのメッセージと皆様の今後へ向けてのアドバイスになればと思い、書きこまさせていただきます。

 昔は良い大学を出て、良い企業(属に言う大手企業)へ就職をすれば将来は安泰という時代でした。なぜならば大きな理由として終身雇用制度と呼ばれる、一回就職したら、同じ企業で定年まで働くという楽な考えがあったからです。

 つまり、多くの人は勉強を一生懸命にして、親が言う大手優良企業へ就職することが人生のゴールだったのです。しかし、時代は終身雇用から、様々な方向へシフトし、人生のゴールは人により変化していきました。

 結論から言いますと「人生のゴールは優良企業ではなくなり、企業は夢や目的を達成するための、ただの手段でしかないものへシフトしました」

 この意味が理解できる人は現在、夢や目的があり、そのために働いている、もしくは働こうと考えているということが見て取れると思います。簡単なフローチャートを画くと以下に様になります。

 当時
 勉強→良い大学→大手企業→定年→老後

 現在
 夢・目的→叶えるために様々な選択がある→その内の一つが企業→夢→老後
 (学歴は比例なし)             (上記は手段)過程
 
 このようにして、何かを実行へ移すためにゴールは変化し、企業のために!という考え方は古い物となりました。誰もが自己成長を目指し、自己啓発に力を入れ、そしてそれが結果として企業の貢献になればという考えに変わりました。

 昔は「人のために働く」という言葉が好きではありませんでした。正直なところ、社会貢献というものが綺麗事にしか聞こえなかったからです。しかし、最近は社会貢献なしに企業の売上が上がることはないという現実に直面し、売上が上がることが社会貢献へ繋がっていると感じてきたからです。

 もちろん、売上が高ければ社会貢献度が高いという小学生のような考えはありません。しかし、人が喜ぶ顔が見れれば、その瞬間に、自分がしている事業は役立っていると感じます。

 

 所詮、人は人と繋がっていなければ事業が成り立ちません。「他がだめで○○さんしか頼ることができないんです」と言われれば、それは完全に必要とされている人間だと実感できます。

 皆様も一度は「あなたがいてよかった」と言われたことがありますでしょう。もし、言われたことがなくとも、回りはあなたを必要としています。もちろん、あたなの変わりは何人もいます。しかし、あなたと同じ人間はいません。

 話しがズレましたが、全てはゴールへの手段です。

 過程がゴールだと勘違いしている人間は時代についていけず、気がついたときには手遅れになり、自分を見失っていることが多いです。以前に書きましたが、自分の軸(夢・目的)をもっている人は、それがブレないようにして生きていくことが、結論としてゴールへの一番近い道だと信じて、信念を貫くことが大事です。 
 

 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-09-10 18:14 | Life Selection

復活しました

 
 こんばんは。
 本ブログをご覧いただいております皆様、何とか復活しました。

 体調などの回復が遅くなったと同時に、PCへのアクセスも音沙汰なく、ログイン・パスワードを忘れて書き込みが出来ない状況になっておりました。記憶を辿ったパスワードで片っ端から考え、入力し、本日アクセスが可能となりました。

 明日から書き込みを再開しようと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-09-09 21:20 | Diary