お忙しい中、その貴重な時間を割き、当Web・Logにお越し頂いたことに感謝の意を評するとともに今後の発展にご協力いただければ幸いです。


by LinkCanyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

休日に仕事

 こんにちは。

 本日は日常の日記です。

 最近は平常の日以外である土曜日と日曜日にまで仕事を続ける日々が続いています。正直なところ、頭が疲れて精神面で辛い状況下にあります。更に追い討ちをかけるように急かされる仕事量に呆れかえっています。

 遊ぶ日は遊ぶ、仕事をする日は仕事をするというのが自分の考えですが、現実は中々うまくいかず、休日の日にも仕事に追われているのが現状です。

 隔週の企業などが中小では多いですが、休みがあるだけマシだと感じています。求人広告などには大々的に「週休2日」の文字が載っていようが、「夏休みあり!」と記載されてようが、実質は自宅で仕事を行わせるための腐り文句です。

 企業は電気代や人件費等々の内的要因となるコストを削減するために、自宅で仕事をやらせるのです。夏休みを取得したところで、結局のところは旅行先から取引先へメールを送ったり、電話をしたり、問題が発生すれば夏休み返上で飛び、客先へ行くことになります。


 その分の休みを別途いただける企業であればマシですが、貰えない企業もあります。後者の人間が多い世の中では、食べるために生きている人間と言っても過言ではないでしょう。

 自営業者は更に大変です。

 本ブログを観覧していらっしゃる学生の方には是非、学生時代に遊んでいただきたいものです。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-10-21 14:35 | Diary

常識やぶりでも良い

 皆様、こんにちは。

 本日は常識と非常識をテーマに書き綴って行きたいと考えております。

 突然ですが、人によって常識と非常識は当然のことながら違ってきます。社会に置ける一般常識は法などで定められた範囲内という捉え方をする人もいますので、マチマチです。そんな、常識と非常識を人に押し付ける人が皆様の周りにもいるのではないでしょうか。

 人間は「地位の高い人」や「特殊な人」でも、かならず自分の考えを持っています。それを強く持っている人ほど、他人に対して求める物が大きくなっていきます。それが、嫌で人は他人が思う基点を押し付けられると不愉快な気分になるのです。

 スマート生きたいものですね。

 仮にそのような場面に出くわした場合は相手には相手の基準があり、自分には自分の基準があるのだと考えて、右から左へ聞き流すことをお勧めします。いちいち、反応しているとストレスがお互いにたまり、エンドレスを繰り返します。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-10-19 20:46 | common sense

我慢しなさい

 皆様、こんにちは。

 本日のカテゴリは日常の些細な日記です。

 最近、地方へ行くことが多い日々を送っております。その生活の中で感じたことは、地方人ほど心にゆとりがあり、瞬時に怒る人が少ないということです。失礼ながら、田舎の人は何をするにしてもスピードが遅く、ゆったりと物事を考える時間があります。

 よって一人のことよりも周囲を見渡すだけの能力を備えています。しかし、都会人は便利なツールを入手し、楽になるかと思いきや、便利なツールを多様し、様々なな事に手を染めるため、全てをこなそうとします。

 そのことから、1日要する作業を5時間で終了することができるにも関わらず、2日分の仕事量を1日で完了させようとします。楽になっても次から次へ題が襲うため、結局のところ便利が人間の心を追撃します。

 圧迫感のある都会人は田舎人に比べて、ストレスが多いのはその影響があるからです。

 ちょっとしたことで、すぐに怒る(キレる)のは学生だけでなく、社会人でも同じです。もう少し、心に余裕を持ち、何事も行動すれば、自ずと見えるものがあるものを無理しているから、つまずきます。

 本当にいい歳をした人が簡単に怒る姿を見ると、大人気ない以上に「子供がそのまま大きく成長した」と感じてしまいます。更にそのような人間に限ってエリート意識が高いです。

 
 
[PR]
by LinkCanyon | 2006-10-14 17:59 | Diary

別荘へいきました。

 こんばんは。

 本日の日記は別荘の話しになります。

 久しぶりに別荘へ行ってまいりましたので、その時のレポートです。

 今回は紅葉を見に行く予定で行きました。紅葉のシーズンということで観光客が多く来ることは予想していましたが、あまりにも多いので驚きました。ゴールデンウィークと夏休み、そして紅葉の季節に人が来る場所なため、そのシーズンは裏道を使用して移動します。

 しかし、なぜか裏道を知っている人が多いので、更に驚きました。恐らく、好景気にったのと同時に定年退職を控えた団塊の世代が退職金を元手に別荘を購入し、ミーハー魂で住居を構えたのが、原因ではないかと思われます。

 私の別荘近辺(別荘地ではありません)にも家がバンバン建ち、田舎の雰囲気がなくなってきたことに寂しさを覚えます。また、インターネットの普及により、情報が流れ、有名店には季節柄、入ることが出来ない状態です。

 
 次回は11月の寒いころに行きます。

 下記は微妙な紅葉の写真と花の写真です。
f0072533_21212583.jpg


   
f0072533_21214454.jpg

[PR]
by LinkCanyon | 2006-10-09 21:07 | Diary