お忙しい中、その貴重な時間を割き、当Web・Logにお越し頂いたことに感謝の意を評するとともに今後の発展にご協力いただければ幸いです。


by LinkCanyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

職場環境を重視

 こんばんは。

 本日は久しぶりのライフセレクションとなります。

 先日、友人が会社を退職しました。彼はその職にこだわりや魅力を感じ、好んで仕事を行っていたのではなく、諸々の事情が重なり、成り行きで組織に属していました。まさしく生きていく為に仕事を行っていたと言っても過言ではないでしょう。

 そんな中、ふと私は考えました。皆様は職場環境と好きな仕事のどちらを選択されるでしょうか。

 前者のメリットは好きな仕事ではなくとも、周囲の恵まれた環境でノンビリと暮らし、幸せな日々を送ることができるでしょう。しかし、デメリットとして厳しい環境下にない中、いざという危機に襲われた際に対処法を生み出すことができず、壁にぶつかり先々の難題をクリアするのが非常に困難です。

 逆に後者のメリットとしては自己成長の高まりからくるスキルアップや、明確な形として見える成果が本当の努力の元に得られることでしょう。また、辛い難題を目の前にしても解決策などを模索し、好きな事のために一生懸命になれることは目に見えます。デメリットとしては素晴らしい環境(上司や同期、部下)に恵まれない限り、自分の力を見い出すことができず、また、才能は開花しないまま腐敗し、人間としての能力低下に繋がりかねません。


 また、異なる考え方もあります。自己の目的を達成するために、多少の年月は浪費(無駄ではありません)しようと将来に繋がることであれば、自分の軸を信じて進めば良いことです。

 私は現在の歳で全てを経験しました。改めて、どれが一番、良かったとは断言できませんが、少なからず、「好きだと多少の辛い仕事は耐えられる」という言葉は嘘だと思いました。

 例えば大人のイジメなどは子供のイジメよりも卑劣なものです。

 やはり、私は環境があってこそ仕事ができるものだと思います。けっきょくのところ「社会は人と人のつながり」から起動し、動いているものです。人脈をつたって文無しから億万長者になる人もいる時代ですので、そのように考えています。

 もちろん、上記の全ては宙ぶらりんの方には理解不能だと思います。
[PR]
by LinkCanyon | 2006-11-12 00:44 | Life Selection