お忙しい中、その貴重な時間を割き、当Web・Logにお越し頂いたことに感謝の意を評するとともに今後の発展にご協力いただければ幸いです。


by LinkCanyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

散歩がてら・・・

 観覧者の皆様、こんにちは。

 本日は日常日記です。


 休日に原宿まで行って参りました。仕事で原宿の竹下通りは何回も訪れた事がありました。しかし、今回はプライベートでの上陸となります。仕事中では何気なく通り過ぎ、意外に気がつかなかったことが多々ありました。その中でも一番大きかったのが人口に対する年齢です。

 田舎から出てきた小学生(親連れor友人連れetc)や上は高校生程度で、その中を歩いていくのは非常に恥ずかしいものがありました。マクドナルドにも入りましたが、あまりにも周囲がうるさく、心中穏やかな状況にはなれず、更に歩いている人のファッションも突出していることに気がつきました。

 さて、話しは元に戻して、私は目的なしにブラブラ歩いたりはしません。今回の目的は表参道ヒルズとラフォーレ原宿へ何か面白い「商品」はないかと物色を念頭に置いて行って参りました。下記はその際の写真です。

 
f0072533_11131026.jpg
f0072533_11132411.jpg
f0072533_11134213.jpg


 表参道ヒルズの本館、最上階に手軽な盆栽が売っていました。その写真を収めることはできなかったのですが、購入しようか現在は検討中です。

 それにしてもヴィトンは派手すぎますね。高校生には人気のようですが・・・。

 
[PR]
by LinkCanyon | 2007-08-27 11:15 | Diary

下北沢へGO

 皆様、こんばんは。

 本日は日常日記です。

 恐らく10年ぶりくらいにファッションの町と言われる下北沢(地元では「もきた」と言うそうです)へ行って参りました。下北沢へは洋服を購入するのが目的で足を運んだのですが、年齢的に厳しいと感じる服が多数揃っており、品揃えが年齢にマッチしてなく、自分は歳をとったものだと実感しました。

 特に渋谷などでチャラチャラした男(茶髪&金のメッシュ入りで日焼けしており、アクセサリーをじゃらじゃら装着済み&唇の色があきらかに宇宙人)の人間が着るようなお兄系と呼ばれる洋服が多く、精神的に拒絶反応が出てしまいました。

 やはり、代官山へ訪れるしかなさそうです。

 下記の写真は伝説の本多劇場とすずなりです。演劇をやっている人には価値ある場所ですね。(確か打ち切りされたドラマで上戸彩、出演の下北サンデーズで出てきたような・・・)

 
f0072533_19293634.jpg


 
f0072533_19295284.jpg

[PR]
by LinkCanyon | 2007-08-11 19:30 | Diary
 皆様、こんにちは。

 本日は久しぶりに「常識、非常識」のコーナーです。

 先日、初めてお便り申し上げる企業へメールをお送りしたところ、返信が来て内容を読み、相手のビジネスレベルに愕然ときてしまいました。企業においてメールや電話でのルールは各別々の基準があり、定まっておりません。

 各企業にはルールがあり、大本は上司が送ってくるメールを読んだりして学んでいく物です。しかしながら、この上司のレベル(=企業レベルと言っても過言ではない)が低いと社内の人材レベルが取引先から問われることもあります。

 事実、社長が有能でも部下のビジネスレベルが最低であれば、「今後の付き合いを考えさせていただきます」や「担当者を変更してくれ」という声が鳴ってもおかしくはありません。

 特に注意しなければならないのが、略語や間違った言葉です。私が送るビジネスメールは以下のような形で大まかに行われています。下記は大手中小関係なく、使用しております。(注意点も書きます)


   ○○株式会社 ←「前株か後株かを間違えるだけで印象は最悪になります」。
   ○○グループ ○○課
   ○○ 様 ←「役職を書き間違えると最悪です」。

   いつもお世話になっております。←「決まり文を書かないと違和感があります」。
   ○○株式会社の○○と申します。

   先日、行われた○○の件に関してご連絡をさせていただきます。←「相手に用件は何なのかを先に伝える」。

   「メールの文章は短く用件は確実に伝わるように書く」

   ○○株式会社
   ○○ ○○
   e-mail
電話番号

   上記ではあくまで最低限、この程度は書いてこないと話になりません。

 話しを戻して私が先日、受け取った文章では「担当者の名前は書いてない」「自社の名前は略し」おまけに「配慮の言葉が何一つ書いてない」と、(ちょっとうるさすぎるかもしれませんが、多くの企業ができていることです)この時点で私が相手企業に求める事、限りなくゼロになりました。

 そもそも自社の名前も書けないのかと突っ込みたくなる程でした。

 グチのようになってしまいましたが、「将来的な付き合いが希薄になりそう・・・」

 
 別件で、今週の月曜日にアクセス数が急高しているのですが・・・何か怖いですね。普段の10倍ほどに膨張しています。しかも、その日だけです。
[PR]
by LinkCanyon | 2007-08-03 15:28 | common sense